TOP
藤井学園寒川高等学校

2年ぶりの体育祭が行われました

1・2年生にとっては初めての、3年生にとっては2年ぶりの体育祭が行われました。

昨日までの雨でグラウンドがぬかるむ中、一度は順延したものの開催が危ぶまれていました。しかし早朝より、運動部や生徒会の生徒、また先生方が協力してグラウンドにたまった水を抜くなどして、何とか1時間遅れの開始でしたが行うことができました。

乃村校長先生が開会の挨拶の中で、「この体育祭は感謝の体育祭になる」と述べられたように、多くの人々の協力のおかげで開催することができました。

そして、いざ始まってみると、快晴の青空の下、生徒たちも集中して全力で競技に取り組んでくれました。

2年ぶりの体育祭。素晴らしい行事になりました。みんなありがとう。

<令和3年度体育祭の結果>
3年総合優勝 3A5組   準優勝 3A4組
2年総合優勝 2A1組   準優勝 2A4組
1年総合優勝 1A1組   準優勝 1A5組
クラス対抗リレー 男子優勝 3A4組   女子優勝 1B1組

(文責:普通科教員)

 

 

体育祭は雨天順延

28日(水)に2年ぶりに開催を予定していた体育祭でしたが、未明から朝方にかけて降った雨のため、30日(金)に順延となりました。

明日も天気予報は雨。
30日の開催も微妙ですが、何とか開催できればと思っています。

(文責:普通科教員)

看護科・看護専攻科対面式

4月13日(火)

高校1年から専攻科2年までの、5学年で対面式を行いました。

新入生は、ちょっぴり緊張した面持ちで、先輩達と対面しました。こらから、「看護師になる」という同じ目的を持ちながら先輩と後輩で助け合いながら頑張りましょう。

密にならないように、換気や手指消毒の感染対策を実施しています。

看護科のキャッチフレーズ「挨拶・笑顔・返事」

(文責:看護科教員)

令和3年度の入学式を挙行しました

快晴の天気に恵まれたなか、令和3年度の入学式を行いました。

コロナ禍のため規模は縮小せざるを得なかったものの、昨年度は全員そろっての入学式ができなかっただけに、感慨もひとしおでした。

新入生の皆さんは、これから始まる高校生活に大きな希望を抱いていることでしょう。

自分の目指す道を見つけ、目標に向かって懸命に努力して欲しいと思います。

ともに歩んでいこう!

(文責:普通科教員)

 

令和3年度一学期始業式を行いました

依然、拡大を続ける新型コロナウイルス感染症防止対策として、全員がマスクを着用し、いつもより間隔を開けて整列した中で、体育館にて令和3年度一学期の始業式を行いました。

4月1日に着任した乃村久信校長先生は、講話の中で「ありがとうは魔法のサプリメント」ということをテーマに取り上げてお話をされました。

新しいクラス、新しい担任の先生の元で新年度のスタートが切られました。昨年度コロナ禍でできなかった分も取り戻すべく、充実した1年を送りたいと願うばかりです。

(文責:普通科教員)

国際教養コースからのメッセージ21

国際教養コースからの情報です。

拡大版

国際教養コースからのメッセージ20

国際教養コースからの情報です。

拡大版

令和2年度 遠足 2年団 「金刀比羅宮」

11月9日 月曜日

今年度初めての学校行事として、遠足が実施されました。

2年団は「こんぴらさん」にいってきました。

 

 

階段を上がる途中、振り返ると…

 

本宮前の絶景

 

本宮

 

 

みんなお店を回って楽しそうにしていました。

(文責:普通科教員)

1年団遠足にいってきました。

9日、遠足にいってきました。

行先は!レオマワールドです!!

県内の生徒も県外の生徒も全員ニコニコ笑顔で楽しむことが出来ました。

けが人もなく、集合時間も服装もきちんと守ったパーフェクトな遠足

なりました。さすが自慢の寒川高校生です!

園内ではコロナ対策がしっかりとされており、安心してアトラクションを楽しむことが出来ました。

気温もあたたかい中、屋外で食べる昼食は格別です。ラーメン。チャーハン。アイスクリーム。チュロス。

普段の学校では食べられないものを満喫していました。

なかなか学校行事が実施できない中、我慢を強いられてきた生徒たちでした。

特に1年生の彼らにとっては初めての学校行事です 。この体験が彼らの将来形成の一助になることを

教員一同願っております。

 

(文責:普通科教員)

1年生進路ガイダンスがありました。

11日、マイナビから森田さんをお招きして1年生を対象に進路ガイダンスがおこなわれました。

 

自分たちの進路について真剣に考えることが出来た

50分間はあっという間に過ぎました。

 

 

講演会では森田さんは自分の成功体験ではなく、あえて失敗談を伝えることで生徒たちに知識を深める

ことの大切さを説いてくれました。その話のおかげで生徒たちのモチベーションも上がっておりました。

講演会の終わりには沢山の生徒が大学の情報を得るために資料請求を積極的に行っていました。

生徒たちの心に火がついた講演会でした。

今度は我々がその火を消すことなく燃やし続け、生徒たちの進路実現のために伴走してまいります!!

 

 

(文責:普通科教員)